外傷講座 膝

膝のケガ

膝のケガ、これがまたやっかいです。

膝には、ショックを吸収する役目の半月板と呼ばれる関節内の軟骨の板や、膝の運動を誘導制御する太い靱帯が4本ほどあります。

これが、スポーツの際の強いひねりや、ジャンプやストップ、着地の時など急激な力で、裂けたり切れたりすることがあります。

スキーなどでよく痛める、膝の内側の靱帯を伸ばしただけのケガは、あまり心配はいりませんが、膝の深部の方にある前後ろの十字靱帯という大切なバンドが切れると、これは大変な事です。

簡単な捻挫と見間違える程いとも簡単に切れるのですが、スポーツ選手にとっては致命傷ともなってしまうので、今、スポーツ外傷の中で一番注目されているケガです。

昔は、ただの捻挫と思われて、湿布だけで安易に処置されていた半月板の亀裂や十字靱帯の断裂も多かったのです、最近はMRI診断や、関節の中を直接見る内視鏡技術が進歩し、早くから正しい診断と治療が可能になりました。

おどかすわけでありませんが、スポーツの膝のケガは、捻挫した後なんとか歩けても、必ず一度は診てもらうべきだと思います。

一旦断裂しても、又放置された膝の深部の古いケガでも、最近は新しい靱帯を自分の腱で再建したり、新しい素材で再建したりできるので、何も心配はいりません。

靱帯などが切れたままで、膝が崩れるように、また、何度も捻挫を繰り返すことこそ、膝にとって大問題なのです。新鮮な捻挫は勿論、膝の古い捻挫で水が溜まったり、曲げのばしで引っかかったり、階段などでがくっと膝が崩れやすいものは、今すぐ病院や整骨院を受診されたほうが良いと思います。


これは、膝の内側の靱帯が切れた例です。

何でもなければ、最初のレントゲンのように、上と下の骨の間隔は平行ですが、内側の靱帯が切れている場合、矢印の方向に力を加えると、右のレントゲンのように間隔が開いてしまいます。
この患者様は、前十字靱帯と言って、膝の中央にあって、すねが前に行かないようにする靱帯も痛めていました。

このように靱帯が切れても、適切な処置さえすれば、日常生活は問題はありません。

軽いスポーツなら問題なくできるし、プロスポーツなら別ですが、ママさんバレーぐらい動き、膝に負担がかかる物でも、良いサポーターをつければ、十分出来ます!

だがこれは、あくまで患者様ご本人が、本当にスポーツをやりたいという情熱のある人です。
膝のお皿が脱臼したり骨折したり、まだまだ心配なものは沢山ありますが、専門的になり過ぎるので、これ位にしておきます。



当院に関するご質問、また診療に関するご相談は、お電話かメールでお問合せください

TEL:046-871-2618
メールでのお問合せはこちら